Main image
17th 4月
2014
written by admin

新生活をスタートさせるにあたり、引越しは一大作業になります。
今回はサカイ引越センターを利用したのですが、そこでこの引越しを効率的に且つスムーズに進めるコツについてご紹介をします。

まず、最大のポイントは計画的に行うことです。梱包なども計画的に行うことによって丁寧にすることもできますし、時間があることで複数のやり方を選択肢としてあげることができます。
チェックリストを作成して、引越しにあたって何をすべきかということを段取りよく決めていくことが大切です。計画的に行うと、期間内に全ての作業を終えてすっきりした気持ちで新生活を迎えることができます。

特に、不用品の整理などは直前になるとゴミとして出せない場合もありますので、早めの処分を心がけます。自分にとって必要なものと必要でないものとを分けておくと、引越しの荷物も少なくてすみます。
荷物が少ないことで引越しにかかる費用も時間もおさえることができます。新しい部屋でも不用品がないので気持ちよく新生活を送ることができます。
引越しという作業を単純に荷物を動かす作業ととらえるのではなく、あくまで新生活をスタートさせる準備作業と考えます。

すると、自分の理想の形にもっていくためにはどうしたいいのかということが分かってきます。
新しい土地でたくさんの人に出会いますが、ご近所づきあいも大切です。
近所の方とトラブルなく円滑な関係を築くためにはちょっとした挨拶と挨拶品を持っていくことも大切です。どんなものがいいのかということを考えて、事前に用意をしておくというのも、近所kな系を円滑にしたいという自分の思いをかなえるための準備なのです。

そんな風に考えると、引越し作業がとても楽しくなってくるものです。また、引越しを成功業者の選定もこの一大イベントのポイントと言っても良いでしょう。複数比較しながら進めることでより安く、自分にあった業者を見つけることができます。
一社のみだとその会社の良い点が分からないものですが、複数の業者を比較して検討すると、それぞれの強みが見えてきます。
今は女性専用のスタッフがいたり、簡単に梱包できるセットを持っていたり、各社特徴があります。自分としてはどのサービスを利用したいのか、そして予算の範囲内に収まっているのかという点をチェックして引越ししましょう。費用については値引き交渉をすることもできますし、段ボールなどの梱包品をサービスとして使わせてもらうこともできます。事前にどんなサービスがあるのかをチェックして、より安く、質の高い引越しを実現させましょう。

コメントは受け付けていません。
21st 4月
2014
written by admin

引越し業者が決まったら梱包サービスも決まりますので、早速梱包に入ります。
梱包作業を計画的にきちんと終えられるかどうかということが、新生活を気持ちよくスタートさせられるかにかかってきますので、頑張りましょう。
まず、できるところからすることが大切です。
仕事が忙しくてなかなかはかどらないこともあるかと思いますが、毎日自分でどれくらいやるかということを決めて進めていきます。
今日は寝室をやって、明日は玄関をやろう、とか部屋別で進めていくと良いです。
玄関であれば靴の梱包が中心になりますし、寝室であれば衣類の梱包が中心になります。
荷ほどきをするのも、部屋別になることが多いので、部屋別の梱包を心がけます。
終わったものには段ボールに何が入っているかという点と、どの部屋に運ぶのかというのを書いておくと引越し業者のスタッフの方に分かりやすくスムーズに作業を進めてもらうことができます。
特に壊れ物であるAV機器や食器などはきちんと表示を書いておくことが大切です。
引越し業者が数年前から始めた画期的なサービスとして、梱包用品のサービスがあります。
食器をいちいち新聞紙で包んで入れるのは大変な作業なのですが、クッション材がある箱にしまうことで梱包の手間も到着してからのゴミの処理も格段に減ります。
他にも、クローゼットにしまってある洋服はそのままかけるハンガーラックがありますので、あっという間に衣類の梱包は終了します。
コート類や背広・スーツ類はたたんでもかさばりますし、何よりもシワが気になります。
そこで、ハンガーラックを使えば簡単にシワもなく梱包を終了させることができます。
玄関にある靴もいちいち段ボールに入れなくても、下駄箱のようになっているBOXがありますので、それに入れていけば数分で完了します。
これらは有料サービスと無料サービス、他にもレンタルがありますので、どのような費用区分になっているかも確認します。
有料であっても効率的に進められるサービスや、その後役にたつ梱包材もあります。
ハンガーラックなどはレンタルではなく買い取りの場合は新居でも使うことができ、使い勝手がいいと評判です。
自分にとって必要な梱包材は時間を買うと思って購入するのも引越しを効率よく進めるコツです。
また、冷蔵庫やテレビなどの電化製品は引越しのプロである専門のスタッフが梱包してくれます。
ですが、冷蔵庫などは電源を切って霜取りをしておく必要もありますので忘れないように気をつけておきましょう。

コメントは受け付けていません。
17th 4月
2014
written by admin

引越し業者は誰もが迷うところです。
会社都合の引越しの場合が会社が指定した業者があり、段ボールなどもすぐに用意して送ってくれるというサービスぶりですが、自分で引越しを決める場合にはそうはいきません。
どんな業者があるかというところから調べる必要があります。

今は、インターネットでの見積もりも簡単にすることができ、情報量も多いです。
私が参考にした見積もりサイトはサカイ引越しセンターは安い?料金を低くおさえるコツとなりあす
比較サイトでは、引越し業者の数社から見積もり結果を簡単にもらうこともできます。
ただし、実際に見てもらうと価格交渉ができたり、荷物の量を的確に判断してもらったりすることもできますので、ネットだけの見積もりに頼らず家に来てもらうこともおすすめです。
また、スタッフの方の対応も分かりますので信頼できる業者なのかどうかということも分かります。

まず、インターネットなどで自分の家の近くや大手の引越し業者の電話番号を調べます。
もしくはインターネットを通じて見積もりを依頼します。
すると、複数業者の営業担当者が家にやってきますので、そこで荷物を全部見てもらい、引越し先の住所を伝えると引越しにかかる費用が算出されます。
そこですぐに決めるのではなく、複数の業者に対してこの見積もりを出してもらいます。
すると中には、だったらもう少し下げることもできますと言われる営業担当者もいますので、最安で契約をすることができます。

ただし、引越しの場合は値段だけで決めるのは禁物です。
というのも、それぞれの会社が持っているサービス内容には差があるからです。
段ボール一つとっても、今は梱包する必要のない専用のBOXを持っているところが増えてきました。
こうした梱包材に関するサービスも各社様々です。

また、女性のスタッフがいるかどうかということも大きなチェックポイントです。
というのも、全ての作業をすませておくのならいいのですが、梱包まで頼むのであれば女性のほうが作業も丁寧で良いという高い評価が見受けられます。
また、食器や衣類などは男性にさわられるのが嫌だという女性の方も多く、女性が専属としている引越し業者はとても人気です。
もちろん、力仕事は男性がしてくれますし、女性でもきちんと研修を行って荷物を持つコツを分かっているスタッフはいます。
女性だからと力不足を心配する必要はありません。v
他にも変わったサービスとして、靴下は必ず白色にして清潔感を保ちますというようなサービスを売り物にしているところもありますし、自分が気にいったサービスがどれだけあるかということについてリサーチしてみましょう。

コメントは受け付けていません。
17th 4月
2014
written by admin

引越しを成功させる最大のポイントは計画的に進めることです。
急に会社での異動が決まって転宅を伴う異動をしなければいけない人もいるかと思いますが、それでも数週間は余裕があるはずです。
大学入学のために上京する若い方も国公立大学の二次試験で決定した場合はその後で引越しの手配をすることになりますので、かなり期間が限られていることもあります。
ですが、その期間の中でいかに安く引越しの段取りをするかということが、後々の新生活へと影響をしてきます。

そこで、短期間であれ、短期間だからこそ計画的に進めていくことが大切です。
最初にすることと言うのはチェックリストの作成です。
自分が今後何をすべきかということについて、リストを作成し、出来上がったものは×印をつけていくというやり方です。
これなら作業を漏れなく行うことができますし、現段階ですべきことが一目瞭然なのです。
では、どんな項目をチェック項目としてあげるかというと、大きくは・引越し業者の選定・家に関すること(退去申告、新しい住居の選定・契約)・梱包、不用品の処理・学校や勤務先、その他関係各所への届け出・インフラ(電気・ガス・水道・電話)・近所への挨拶になります。
これを同時進行で進めていき、全てやりきる必要があります。
それぞれの項目について言うと非常に細かい内容になりますし、人によって異なります。

まずは、この大項目に従って自分の準備を進めていきましょう。
大切なのは、全て並列でとらえてすることが大切です。
新しい住居はどこにしようかと考えるのは非常に楽しいものなのですが、そればかりにとらわれていると、他の作業がなかなか進みません。
退去申告の時期も早くしないと余分な家賃を払わないといけないような事態にもなってしまいます。
梱包作業などは時間がある時にはいつでも行えることですので、仕事が終わった後などに少しずつでも進めることが大切です。
これらのしなければならないことを計画的に行うことが大切なのです。
もっと細かいチェックリストが必要であれば、インターネットで手軽に入手することもできます。
引越しが決まった段階から、引越し前日、当日、引越しが終了した翌日あたりまで細かくチェックリストとして公開されています。
インフラ一つにしても、電気・ガス・水道だけではなく、衛星放送やNHKなどの手続きに関わることも掲載されていたり、そこからリンク先が参照できたりととても便利です。

コメントは受け付けていません。